「老人と海」を読んで…

8月27日

アーネスト・ヘミングウェイの有名な作品である「老人と海」を、8年生・9年生の生徒たちが読み始め、

言語を用いない(非言語)手法を使って、本の中心的な考えである自然による困難に立ち向かった男の戦い

であるのか、それともこれと並行する彼の仲間内の受け入れによる苦悩なのかを表現するために、

今までにない新たなスタイルや独特な解釈をしました。

老人漁師のサンティアゴは、海の最後の挑戦に立ち向かい、いまだに生き生きとした彼の漁師である姿や

その価値を証明しました。

この本はわたしたちをこれらの”関係の価値”について深く悩ませました:友情・信頼・誠実・挑戦

彼は、彼自身の価値を証明したが、老人サンティアゴは明白な理解をしました:

人生とは、終わることのない戦いであり、その時に勝たなければならない、と。

A famosa obra de Ernest Hemingway, “ O velho e o mar ” ganhou novas cores e interpretações no desafio lançado aos alunos…

Colégio Latino Shigaさんの投稿 2020年8月27日木曜日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

動物アート♡G2