中川 美子

準学校法人 日本ラチーノ学院 理事長

理事長 挨拶

日本ラチーノ学院は、周りを森や林や田畑に囲まれ、四季折々に花が咲き季節の移ろいを肌で感じることが出来る自然環境の豊かな環境の中にあります。
そして、地域の人々の温かい心にふれ合いながら落ち着いた気分で勉学に勤しむ事ができます。

生徒の皆さんはこの素晴らしい環境の中で自己を磨き、身体を鍛えて楽しい学院生活を築いて将来日本、ブラジルに限らずグローバルに活躍できる人間形成に役立つ学院生活を過ごされるよう祈っております。
そしてブラジルと日本の子供たちが日本ラチーノ学院を拠点に、交流の輪が、より広がっていくことを願ってやみません。

Profile Picture

カミ ムラ カイオ

学校法人 日本ラチーノ学院 学院長

学院長 挨拶

我がラチーノ学院は、学びを通して生徒たちの興味や喜びを引き出すことを目的としています。

明るく心地の良い環境で、生徒たちが今置かれている社会の中で自分の存在意義を高く持ち、多様な文化を互いに尊重し、また、その多様性から多くを学ぶ「多文化市民」育成に力を入れています。これらは、生徒たちの人間形成において最も大切な人生経験だと信じています。

また、生徒たちの知的・道徳的・倫理的な成長は、彼らの人生を変え、自身の存在の意味の大きさをより感じさせることができると信じています。

今日の私たちの大きな課題は、一人ひとりが日本社会により柔軟に溶け込み、チャンスを掴んでいけるような日本語能力の力を向上させることです。

ポルトガル語教育に関しては、学習内容をしっかり理解すること。また、文化的アイデンティティを意識し、それを強めるために十分な継承言語としてのポルトガル語の力を身につけさせることを目的としています。
そのことによって母国やそこに住む家族との心のつながりを強めて欲しいと願っています。

私たちの願いは、生徒一人ひとりが持っている可能性を最大限に広げ、グローバル社会で生きる彼らが現代社会の発展に携わるひとりとして生きていく力を身につけて欲しいということです。

Profile Picture