カテゴリー
日常

広告についての授業:9年生

3月8日

今日のエリザンジェラ先生と9年生のポルトガル語授業のテーマは

広告

でした。

私たちが広告について考えるとき、何かを買う時、売るときに思い浮かぶものだと思います。

ソーシャルメディアで公開された広告に、直接商品の購入やサービスの利用を促されています。

しかし、すべての広告がその目的をもっているのでしょうか?

この問いに答えるため、9年生の生徒たちは広告がもつ本当の意味や目的が適切かどうか、異なるジャンルの広告を調べました。

生徒たちは広告の目的が一つのアイディアを伝える事、受け手側を説得し、その広告のもつ意味を受け入れさせることを理解しました。

すべての広告が会社の利益を上げることだけでなく、社会的・文化的の本質をつくメッセージを伝えることを目的としています。

「保護」というテーマより、生徒たちは今まで学んできた言語的・非言語的表現を活用しながら自分自身の広告を作りました。

これは研究、芸術及び文章作成などの様々なスキルをカバーしている活動です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA